開店祝いに打って付けなものとは|賑やかな店舗になる

一般的にはお花が主流

後でプレゼントをしよう

プレゼント

友人や知人などがお店を開店した場合、開店祝いを贈りましょう。
もちろん、他のものでも構いませんが、、誰もお花を贈らないというのはお店の前が寂しくなってしまいますので、通常、お花を贈ることが主流です。
大きなお花を何人かで費用を出し合って贈るという方法を取ってもいいかもしれません。
開店時に大きなお花がお店の前にあると、そこを通る知らない人たちの目にも留まりやすくなります。
つまり、開店祝いの品が、新しいお客さんを呼び込むきっかけになるかもしれないのです。
また、開店祝いの品は開店当日ではなくてもいいものなので、後でプレゼントを渡すというのも可能です。
開店前後は忙しいこともあるので、少し落ち着いた頃を見計らってプレゼントを贈りましょう。
相手に欲しい物を聞いて贈るのもお勧めですが、サプライズで考えるのならそのお店にふさわしいものがお勧めです。
例えば、飲食店の場合、お店の雰囲気に合った置物などをプレゼントするのもいいかもしれません。
骨董品や美術品など、お店のインテリアとして活用する飲食店はたくさんあります。
お店の中に飾ってもらえれば役立つだけではなく、贈った側としても嬉しく感じられるはずです。
ただし、気をつけるべき点もあって、縁起の悪いものは贈らないようにしましょう。
開店祝いなので、お店が潰れるようなことを暗示する物は避ける必要がありますし、お店の本来の目的とは違うような物も避けましょう。
どんなお店なのか、きちんと把握してから適切な物を選ぶことが大切です。

タブーに注意

ギフト

人生の大きな船出である独立開業。
会社組織を抜け出し自分の才覚一つで世の中を渡り歩こうとする方のために贈る開店祝いにはいくつか注意しなければならないマナーがあります。
それがたとえ気の置けない友人関係であったとしてもしっかりとした礼儀作法を尽くすことで心からの祝いの気持ちが伝わるというものです。
まず最初に気を付けなければならないのは、開店祝いを贈る時期です。
開店の日に間に合わせるのはもちろんですが、あまりに早すぎるのもお勧めできません。
開店日の一週間前から前日までに届くようにしましょう。
さらに気を使うならば仏滅の日を避け、大安の日を選ぶと良いでしょう。
次に贈る品物ですが、こちらにもタブーというものが存在します。
それは、赤字を連想させる赤いものや火を連想させるものを贈ることです。
開店祝いに花を贈る場合も赤い色を避けるのが一般的です。
開店祝いに贈る花として人気があるのは胡蝶蘭です。
根付くという意味があるので安定性を連想させ縁起が良いとされています。
灰皿やライター、ランプやキャンドルスタンドなども火に関係してくるので避けたほうが無難です。
開店祝いとして品物でなく現金を贈る場合もありますが多すぎても少なすぎてもいけません。
金額の相場としては1万円から3万円が一般的です。
メッセージカードを添える場合にはマイナス言葉やそれを連想させる表現は避けるべきです。
これらのことに注意しておくと贈る側も受け取る側も気持ちよくお祝いする事が出来ます。

関係性により変化

箱を持つ人

友人や知人が独立開業した場合、開店祝いに花を贈ったり現金を包んで渡す必要があります。
気持ちの問題ですので金額はいくらでもいいと思いがちですが、世間の相場というものが存在します。
そこからあまりにもかけ離れてしまうと贈った相手に気を使わせたり失礼と取られてしまうこともあります。
そうならないために目安となる相場を挙げたいと思います。
開店祝いに現金を包む場合、相手との関係性が重要になってきます。
親族や家族の場合には1万円から3万円が相場で、関係性がもっと深い場合には5万円から10万円が大体の目安になります。
友人や知人の場合には5千円から3万円となっています。
仕事上の付き合いがある方の場合は1万円から3万円ぐらいが相場です。
また、仕事上の付き合いの場合には現金を包んで直接手渡すよりお祝いの花を贈ることも多いです。
開店祝いの花を贈る際の予算も1万円から3万円が相場になっており、中でも高級感のある胡蝶蘭が人気となっています。
その他の花を贈る際に気を付けたいのが種類と色です。
例えば菊の花はいくら相手が好きだからと言ってもお祝いの場に似合わないので避けたほうが無難です。
花の色も赤い色は赤字を連想させるので避けるべきとされています。
いろんなマナーがあって自信がないという方は花屋に任せたほうがいいでしょう。
カラーバリエーションやアレンジメントを上手にコーディネイトしてくれて開店祝いにぴったりの花を選んでくれます。

プレゼントを花にする

フラワーアレンジメント

名古屋で花屋を利用するなら、信頼できるお店で注文してください。鮮度やアレンジメントがお店ごとに異なるため、安心して利用できるところを探す必要があります。お店に行く時間が無いときは、電話やインターネットで注文できるお店を利用してください。

もっと読む

お祝いの気持ちを伝えよう

花を持つ人

開店祝いは友達なら5000〜10000円、取引先の相手なら10000〜50000円の物を開店当日までに贈りましょう。もし、郵送で送る場合はお祝いのメッセージを書くとよいでしょう。直接開店祝いをあげる場合もしっかりお祝いの気持ちを伝えることが大切です。

もっと読む

花のギフトの利用法

胡蝶蘭

名古屋には多くの花屋さんがあり、素敵な花を相手に届けたい時にとても便利です。花は生き物であるため条件によってはしおれやすく、届ける頃には色合いが悪くなる恐れもあります。相手の家の近いお店を利用したり、お店の方に届けてもらうのもおすすめです。

もっと読む