開店祝いに打って付けなものとは|賑やかな店舗になる

お祝いの気持ちを伝えよう

予算とオススメのアイテム

花を持つ人

友達や取引先の相手が自分のお店を出した時に贈るのが開店祝いです。
ですが、開店祝いって予算はいくらなのか、何を贈れば良いのか分からない方も多いと思います。
そのため、開店祝いで喜ばれている贈り物などについて事前に把握しておくとよいでしょう。
開店祝いといえば花を贈るイメージがありますが、必ずしも花でなければいけないわけではありません。
もし、花を贈る場合は相手に知らせておきましょう。
そして花に限らず開店祝いは開店当日にプレゼントするのが望ましいです。
直接手渡しすることができない場合はお祝いのメッセージを入れておくと喜ばれますよ。
あたりまえですが、お祝いのメッセージでは「燃える」や「倒れる」といった忌み言葉は使わないようにしましょう。
花以外で喜ばれるアイテムがお酒です。
特に飲食店では開店祝いに贈ったお酒をお店に出すことで仕入れ代を節約することもできます。
なのでお酒を贈る場合はそのお店で使う種類のお酒を選ぶようにしましょう。
もし、お店の詳細がよくわからない場合は現金や商品券でも大丈夫ですよ。
開店祝いというと物を贈るイメージですが、相手の好きなものやお店で使うものが分からない場合は現金や商品券のほうが良いでしょう。
また、開店祝いの予算はその人との関係や自分の立場で変わってきます。
友達や家族といった仕事と関係ない場合は5000〜10000円の物で大丈夫です。
開店祝いを贈る相手が取引先の方ならば10000〜50000円のものを贈りましょう。

実用的なものが人気

女性

身内や友人、知人が個人経営のお店を開業することになりました。
こうした場合、開店祝いとして贈り物を渡してあげて晴れの門出を祝ってあげたいものです。
実際にお店を開いている方にどのような開店祝いが嬉しいかを尋ねたところ、やはり人気があるのは現金、商品券もしくは品物を選べるギフト券だそうです。
貰える側からすれば何でも嬉しいものですが、現金や換金できる商品券は開店時の物入りの多いタイミングとしては喜ばれます。
開店祝いとして包む金額はいくら位が適切なのかと言うと、贈る相手にもよりますが、身内や友人関係であれば五千円から一万円くらいが相場と言われています。
仕事関係取引先などであれば一万円から三万円といったところになります。
開店祝いに喜ばれるものは現金だけではなく実用的なものなどもあります。
例えば飲食店を開業するのであればお皿やグラス、キッチン雑貨、お店に飾る装飾品などがあります。
わざわざ買い揃える手間が省けますし、現金よりもこちらの方が有難い場合もあります。
ただし既に買い揃えていたりすると荷物になるので事前に店主に開店祝いとして贈ると伝えておくと良いでしょう。
そして開店祝いに欠かせないのがお花のプレゼントです。
お花は実用的ではありませんが、開店日にお店の前で飾ることで華やかさを演出出来ますし、通行人への宣伝にもなりますので確実に誰でも喜んでいただける贈り物です。
また観葉植物はお店にずっと置いておけますのでお店としても喜ばれると思います。
代表的なものとして挙げられるのは以上のものですが、この他にもお店の趣向によって開店祝いとして喜ばれるものがあるかも知れません。
どういうものが良いのか色々と調べたり尋ねたりしながら決めると良いでしょう。

喜ばれることが大切

プレゼント

新店のオープンは特に珍しい光景ではありませんが、お祝いの品には特に決まりがないため、様々な開店祝いを見ることができます。
定番品の花輪以外にも適した開店祝いは多数存在していますので、少し珍しい種類をチョイスしてみるのも良いでしょう。
しかし、喜ばれそうだからと安直に考えるのではなく、贈り先となる店舗のジャンルに合わせ、慎重に開店祝いを選ばなければなりません。
例えば開店祝いにお花を選択する場合、花粉や花びらが散りやすい種類は飲食店に適しているとはいえないでしょう。
料理に入ったりテーブルを汚したりの可能性があり、クレームの原因となっては失礼ですので、お花の種類は配慮するべきです。
また、お花は入れ物と合わせたサイズが大きくなりやすいため、店内の面積を考慮して選定します。
インテリアも開店祝いにおける人気の品ですが、色や形のバランスには気をつかいましょう。
特に赤色は火をイメージするものとして避けられていますので、白色といった落ちついた単色が無難です。
また、事務用品のように消耗しやすい開店祝いも喜ばれることが多いため、オブジェクト以外に実用品の選択も失敗しません。
このほか、開店祝いのジャンルに迷った場合、ギフト券の選択もひとつの工夫です。
贈られた側が自由に選択できる強みがあり、何かと出費の多い開店を直接サポートできます。
通常はメッセージを添えて贈りますが、忌み言葉を確認したうえでの作成が失敗を避けるポイントです。

プレゼントを花にする

フラワーアレンジメント

名古屋で花屋を利用するなら、信頼できるお店で注文してください。鮮度やアレンジメントがお店ごとに異なるため、安心して利用できるところを探す必要があります。お店に行く時間が無いときは、電話やインターネットで注文できるお店を利用してください。

もっと読む

お祝いの気持ちを伝えよう

花を持つ人

開店祝いは友達なら5000〜10000円、取引先の相手なら10000〜50000円の物を開店当日までに贈りましょう。もし、郵送で送る場合はお祝いのメッセージを書くとよいでしょう。直接開店祝いをあげる場合もしっかりお祝いの気持ちを伝えることが大切です。

もっと読む

花のギフトの利用法

胡蝶蘭

名古屋には多くの花屋さんがあり、素敵な花を相手に届けたい時にとても便利です。花は生き物であるため条件によってはしおれやすく、届ける頃には色合いが悪くなる恐れもあります。相手の家の近いお店を利用したり、お店の方に届けてもらうのもおすすめです。

もっと読む